田中正造大学

正造の行動の歴史と思想を学ぶ事を通して明日を展望する。

メニュー

2004年秋期定期講座

 田中正造大学……………2004年秋期定期講座

◆2004年11月21日(日)PM1:30~4:30

◆佐野市・小中集落センター

◆受講料 1,000円

  新井奧邃と田中正造 

   講 師 工藤 正三 (新井奥邃先生記念会幹事) 

【講師プロフィール】

1931年、山形県村山市生まれ。山形大学文理学部英文科卒業。県立高校英語科教諭を務め、92年退職。奥邃門下、早稲田大学教授工藤直太郎氏から奥邃を紹介され、75年から新井奥邃先生記念会に参画し、90年同会幹事に就任、現在に至る。その間「奥邃広録、全5巻」の復刻事業や「奥邃先生資料集、全6巻」の監修などに携わる。現在、「新井奥邃著作集、全10巻」(春風社発行)の編集刊行中である。

【講座案内】

田中正造は川俣事件の公判を傍聴中、あくびをして官吏侮辱罪で入獄します。この時、巣鴨の監獄で新約聖書の差し入れを受け熟読します。正造が新井奥邃とはじめて会ったのは、明治34年7月頃と言われています。正造は、新井奥邃の影響で信仰心を深く抱くことになり、奥邃を「亜聖とでも称すべき人」と評価します。今回の講座では、晩年の正造に深い影響を与えたキリスト教、とりわけ新井奥邃との関わりについて考えてみたいと思います。

 

 小中集落センター 

小中集落センターは田中正造旧宅向側。両毛線佐野駅より約4㎞、駅前にタクシーあり。東北自動車道佐野インターより車で約15分。

 

 問い合せ先――田中正造大学 

〒327-0001 

栃木県佐野市小中町932

TEL・FAX 0283-23-2896(坂原辰男)

URL http://www.zuisousha.co.jp/shozodaigaku/

E-mail xhyby706@ybb.ne.jp(変更しました)

関連記事