田中正造大学

正造の行動の歴史と思想を学ぶ事を通して明日を展望する。

メニュー

【活動報告】田中正造大学 2017年総会プラス特別企画

2017年2月12日(日)13:00~16:30
佐野市城北地区公民館
 ≪特別企画≫
 「私たちの渡良瀬遊水地」を求めて――垣根を越えたワイズユースの実現を
        講師 浅野正富(ラムサール湿地ネットわたらせ事務局長)

熱心に講演を聞く参加者

定刻に始まった総会は、2016年度の経過報告・会計報告、2017年度の活動方針案・予算案がすべて提案どおりに承認されました。なお、昨年から始まった「田中正造大学30年史」(仮題)の制作は、今年も引き継がれることが確認されました。
特別企画は、渡良瀬遊水地をめぐり積極的な活動を続けられている小山市在住の弁護士でもある浅野正富さんを講師にお迎えし、おもに遊水地の今後の在り方についてご講演いただきました。職業柄、無駄のない論理的な話の展開にあっという間に時間は過ぎていきました。4市2町にまたがる遊水地の「垣根を越えたワイズユース」が今後の課題といえます。

挨拶する坂原辰男事務局長

事務局スタッフの紹介(左から、石川、坂原、木村、神谷)

渡良瀬川研究会代表・菅井益郎さん

谷中村の遺跡を守る会会長・高際澄雄さん

田中正造記念館理事長・針ヶ谷照夫さん

熱演する講師の浅野正富さん

関連記事

  1. ヨシの新芽の中を行く参加者の列
  2. 2017年夏期定期講座