【活動報告】2017年 第46回春のフィールドワーク

田中正造・渡良瀬遊水地ゆかりの人々、旧谷中村強制破壊集落跡を訪れる
2017年4月29日(土・祝)10:00~16:30
集合=藤岡遊水池会館
主催=第46回春のフィールドワーク実行委員会・渡良瀬川研究会

足尾銅山鉱毒事件にはいくつかの大きなポイントがありますが、1907年(明治40)におきた谷中村強制破壊も語り継がれるべき大事件でした。昨年に引き続き今年のフィールドワークは遊水地の南部を対象とし、特に20年ぶりでかつて買収対策事務所となった間明田粂次郎邸跡を訪ねるのが大きな目玉となりました。
この間明田邸で、強制破壊を目前に、谷中村残留民一同、そして田中正造や木下尚江らが涙ながらに語り合ったのです。いまも残る大榎は、それらを何も言わずに見守っていたのでした。
当日は快晴に恵まれたものの、午後からの落雷注意報が出され、急遽、午前中に予定されていた遊水池会館での説明を早めに切り上げ、車に分乗して史跡保全ゾーンへ。谷中村役場跡を振り出しに、膝ほどにも伸びたヨシの原へと踏み出していきました。20年ぶりとなる、大榎との再会の旅でした。

落雷注意報のため早めに切り上げられた遊水池会館での説明

落雷注意報のため早めに切り上げられた遊水池会館での説明

ヨシの新芽の中を行く参加者の列

ヨシの新芽の中を行く参加者の列

土盛りされ小高くなっている水野要作屋敷跡

土盛りされ小高くなっている水野要作屋敷跡

スタッフにより竹が刈り払われた大榎への入口

スタッフにより竹が刈り払われた大榎への入口

大榎との対面に、それはもう大はしゃぎ

大榎との対面に、それはもう大はしゃぎ

暑さのなか、やっと延命院跡にたどり着いた参加者一同

暑さのなか、やっと延命院跡にたどり着いた参加者一同

帰路、樹林のあいだから谷中湖が出現した

帰路、樹林のあいだから谷中湖が出現した

田中正造大学 2017年総会プラス特別企画

2017年2月12日(日)13:00~16:30

佐野市城北地区公民館

≪特別企画≫

「私たちの渡良瀬遊水地」を求めて――垣根を越えたワイズユースの実現を

講師 浅野正富(ラムサール湿地ネットわたらせ事務局長)

 

定刻に始まった総会は、2016年度の経過報告・会計報告、2017年度の活動方針案・予算案がすべて提案どおりに承認されました。なお、昨年から始まった「田中正造大学30年史」(仮題)の制作は、今年も引き継がれることが確認されました。

特別企画は、渡良瀬遊水地をめぐり積極的な活動を続けられている小山市在住の弁護士でもある浅野正富さんを講師にお迎えし、おもに遊水地の今後の在り方についてご講演いただきました。職業柄、無駄のない論理的な話の展開にあっという間に時間は過ぎていきました。4市2町にまたがる遊水地の「垣根を越えたワイズユース」が今後の課題といえます。

熱心に講演を聞く参加者

浅野正富さん

高際澄雄さん

事務局スタッフ(右から、神谷光信、木村歩、坂原辰男、石川栄介)

田中正造大学総会プラス特別企画

◆2017年2月12日(日)

◆佐野市城北地区公民館 

◆入場無料

 

 総 会 (PM1:00~1:50)

◎ 2016年度 経過報告・会計報告

◎ 2017年度 活動方針・予算案・その他 

 

特別企画(PM2:00~4:30)

「私たちの渡良瀬遊水地」を求めて 

    垣根を越えたワイズユースの実現を

≪報告者≫ 浅野正富 (ラムサール湿地ネットわたらせ事務局長) 

◎ ご紹介

浅野正富(あさの まさとみ)1957年生まれ。1969年から小山市在住。弁護士。早稲田大学法学部卒業。1988年弁護士登録。1992年浅野正富法律事務所開設。2006年から宇都宮大学農学部農業経済学科非常勤講師。2006年から渡良瀬遊水池をラムサール条約登録地にする会(2013年にラムサール湿地ネットわたらせに改称)事務局長。2009年からNPO法人ラムサール・ネットワーク日本事務局長。

◎ 趣 旨

2012年渡良瀬遊水地がラムサール条約湿地に登録されて間もなく5年を迎える。登録後の遊水地をめぐっては様々な関係自治体の取組があり、第2調整池では利根川上流河川事務所による湿地保全・再生事業によって大小さまざまな池が出現し、同河川事務所や関東地方環境事務所、地元4市2町や民間団体による渡良瀬遊水地保全・利活用協議会も設立され、日本遺産認定申請をめざす動きやコウノトリ・トキの舞うふるさとづくりの取組等、登録前には予想もしていなかった活況を呈している。しかし、ラムサール条約湿地である渡良瀬遊水地全体として数十年後に何を目標にするのかという明確なビジョンは存在しない。ラムサール条約はすべての湿地のワイズユース(「賢明な利用」)を目指しているが、渡良瀬遊水地でのワイズユース実現のためには、国と地方、自治体間、官民の垣根を越えた共通の将来ビジョンの下での取組が必要である。渡良瀬遊水地関係者がより賢明になって垣根を乗り越え、誰もが「私たちの渡良瀬遊水地」と呼べるようにして行くための方策を参加された皆様と一緒に考えてみたい。

 

 

田中正造大学 2016年秋期講座

谷中村民の強制移住を考える

1905~6年 最初の移住先訪問の報告をもとに

○ 訪問の企画と成果 - 谷中村の遺跡を守る会会長 高際澄雄

〇 バスツアー記録の上映

〇 報告と解説  (守る会バスツアー委員会)吉村福枝・石井信一・坂原辰男

 

◆2016年11月6日(日) PM1:30~4:30

◆佐野市城北地区公民館 2階会議室 

◆協力:谷中村の遺跡を守る会

◆資料代 500円

【講座の趣旨】

 9月25日、谷中村廃村110年記念行事として谷中村の遺跡を守る会主催の「谷中村民の栃木県内の移住先を訪ねる旅」のバスツアーが開催され、栃木県那須烏山市の志鳥(しどり)、さくら市の鹿子畑(かのこはた)、大田原市北金丸(きたかねまる)を訪れました。明治政府は、遊水池化対策として谷中村を買収、廃村にしました。村民たちは県の斡旋・引率により、1905年11月に(現)那須烏山市の志鳥と太田原市北金丸(きたかねまる)へ、1906年に(現)さくら市鹿子畑等の国有地へ移住しました。入村時に先住村民から反対に遭い立往生したり、水がなかったり、栄養失調で子どもが次々に亡くなるなど、まさに辛酸の開拓事業だったようです。今回の講座は、このバスツアーを記録した映像の上映や参加者からの報告を聞き、移住した旧谷中村民の生活の歴史を辿ります。

谷中村民の強制移住とは、いったい何だったのか。2011年の東京電力福島第一原発事故と重なり、日本が直面している諸課題とも関連しています。どうぞ、多くの皆様の参加をお待ちしています。

★ 今回の講座は、講師の都合により上記の内容に変更になりました。

古い記事へ «