«

【活動報告】第45回渡良瀬川鉱害シンポジウム 谷中村強制破壊110年―残留民の闘いと支援運動

2017年8月20日(日)13:00~17:00
場所=栃木市藤岡遊水池会館
主催=第45回渡良瀬川鉱害シンポジウム実行委員会・渡良瀬川研究会

毎年8月に渡良瀬川流域各地で開催されてきた渡良瀬川鉱害シンポジウムは、45回目を数える今年、約100人の参加者を得て栃木市藤岡遊水池会館で開催されました。

今年のテーマは「谷中村強制破壊110年―残留民の闘いと支援運動」で、講演は次の3氏です。

「谷中村事件と周辺自治体」高際澄雄(谷中村の遺跡を守る会会長)

「谷中村民救済協議会の結成と田中正造」福井淳(大正大学文学部教授)

「原発事故被害者と避難住宅問題」鴨下祐也(福島原発被害東京訴訟原告団長)

そして、渡良瀬川研究会代表・菅井益郎氏をコーディネーターに、3人の講師をパネラーとして、パネルディスカッションがおこなわれ、移住や避難、住民と行政などの問題が語られました。

第45回渡良瀬川鉱害シンポジウムは約100人が参加して遊水池会館で開かれた

谷中村の遺跡を守る会会長の高際澄雄さん

「谷中村民救済協議会」について語る大正大学教授・福井淳さん

福島東電原発事故について熱弁する鴨下祐也さん

渡良瀬川研究会代表の菅井益郎さん

講演された3氏をパネラーに熱い討論がおこなわれた

熱心に耳をかたむける参加者