田中正造大学

正造の行動の歴史と思想を学ぶ事を通して明日を展望する。

メニュー

第40回 渡良瀬川鉱害シンポジウム

田中正造没後100年記念行事
「谷中村民を支援した街、古河で考える
 ――田中正造、長塚節、谷中村・渡良瀬遊水池、原発」

日時  2012年8月26日(日)10:00~16:30
場所  古河市・古河福祉の森会館ホール≪TEL 0280-48-6882≫
資料代 1000円/事前予約不要/弁当持参

●10:00 開会
●10:40 長塚節「鉱毒地被害民の惨状を詠ずる歌」朗読/北田政子
●10:55 「長塚節と足尾銅山鉱毒事件」内田真木
●11:40 「渡良瀬遊水池のラムサール条約登録と今後の展望」浅野正富
●12:45 「谷中村総代/瀦水池設置事務員としての宮内喜平」久野俊彦
●13:30 「宮内喜平の周辺」宮内則雄
●     「谷中移住民の子孫として見聞したこと」佐々木斐佐夫
●14:00 「日立鉱山鉱毒事件」事務局
●14:25 「3・11原発事故と谷中村事件の共通性」佐々木斐佐夫
●14:35 「東電福島原発事故の現状と田中正造の指針」菅井益郎
●15:15 「東海第2原発の問題」相沢一正
●16:30 閉会

主催 渡良瀬川研究会
連絡 TEL 0283-23-2896(坂原辰男)/0480-52-5991(板橋文夫)/090-6129-3257(赤上剛)

関連記事

  1. 【お知らせ】第20回足尾グリーンフォーラム フィールドワーク第2部 昭和の鉱毒被害地・太田市周辺を訪ねて