田中正造大学

正造の行動の歴史と思想を学ぶ事を通して明日を展望する。

メニュー

田中正造関連年表

鉱毒被害田(現佐野市髙山町)

洪水被害を調査する田中正造

1841 11・3 田中正造、下野国安蘇郡小中村(現栃木県佐野市小中町)に生まれる。幼名兼三郎。
1877   古河市兵衛、足尾銅山製錬所操業。
1881   足尾銅山、鷹の巣直利発見。84年、横間歩大直利発見。
1890 8 渡良瀬川大洪水、栃木・群馬両県に鉱毒被害発生。
1891 12 田中正造、第2回帝国議会で鉱業停止要求。
1892   この頃、被害農民と古河の示談契約進展。
1893   第1回示談契約完結。
  6・30 足尾銅山、粉鉱採集器を設置。3年間をその試験期間とする。
1895 3 被害民と古河市兵衛との間に永久示談契約が進展。
1896 3・25 正造、第9議会において永久示談の不当性を追及。
  7~9 渡良瀬川、三たび大洪水。1府5県に鉱毒被害。
  10 正造、有志と雲龍寺に群馬栃木両県鉱毒事務所を設置。
1897 3・2 (~3・5)被害民、第1回押出し
  3・20 谷干城・津田仙・栗原彦三郎、被害地視察。
  3・23 農商務大臣榎本武揚、被害地視察。
  3・23 (~3・30)被害民、第2回押出し。
  3・24 内閣に足尾銅山鉱毒事件調査委員会設置。
  5・27 東京鉱山監督署長、足尾銅山に対して鉱毒予防工事命令。
1898 4・30 大蔵省、被害民に対して地租条例による普通荒地免租処分を通達。該当者は公民権喪失。
  6・30 大隈重信内閣発足(10・31崩壊)。
  9・6 渡良瀬川大洪水。
  9・26 被害民第3回押出し。28日、正造、東京府下南足立郡江村保木間において、総代50名を残して帰村するよう説得。
1899 12・22 鉱毒議会結成。
1900 2・13 未明、被害民第4回押出し、川俣事件発生。
  2・14 正造、第14議会において川俣事件に関連して政府を追及。
  7・9 川俣事件、前橋地方裁判所の予審終結、51名起訴される。
  11・28 正造、川俣事件第15回公判で、検事論告に憤慨してあくびをし、官吏侮辱罪に問われる。
  12・22 前橋地方裁判所、川俣事件に判決。被告51名中、有罪29名、無罪22名。検事・被告双方より控訴。
1901 10・13 川俣事件控訴審での、判事、検事、弁護士らによる被害地臨検。
  10・23 正造、衆議院議員辞職。
  11・29 神田基督教青年会館において鉱毒地救済婦人会発会式(会長・潮田千勢子)。
  11・30 古河市兵衛妻タメ、入水自殺。
  12・10 正造、議会開院式より帰途の天皇に直訴状を渡そうとしてさえぎられる。麹町警察署にて取り調べ、夕刻釈放。
  12・27 東京の知識人・学生ら、1100余名、大挙鉱毒地視察。
1902   内務省、秘密裡に栃木県谷中村、埼玉県利島・川辺両村の遊水池計画推進。
  1 利島・川辺両村に遊水池反対運動起こる。
  3・17 内閣に鉱毒調査委員会設置。
  6・16 あくび事件に有罪確定。正造、巣鴨監獄に服役。
  9・28 関東大洪水。
  10 埼玉県、利根川火打沼の決壊堤防を放置し、川辺・利島両村の買収を計画。16日、両村民は、自力修復して納税・兵役の義務拒絶を宣言。
  12・25 川俣事件再審理公判、宮城控訴院にて控訴棄却・公訴不受理により消滅。
1903 1・25 栃木県会、遊水池化のための谷中村買収案否決。
  6・3 政府、鉱毒調査委員会の調査報告書を発表、谷中村遊水池化案浮上。
1904 2・10 日露戦争はじまる。
  7・30 正造、谷中村問題に専念するため、以後、同村川鍋岩五郎方に寄留する。
  12・10 災害復旧費名の谷中村買収案、栃木県会(秘密会)通過。
1905 3・24 原敬、古河鉱業副社長に就任。
1906 1・7 西園寺内閣成立。内務大臣に原敬。
  6・8 正造、栃木県知事白仁武より予戒令を受ける。
  7・1 谷中村村長職務管掌鈴木豊三、村会決議を無視して同村を藤岡村に合併。
1907 2・4 (~2・7)足尾銅山暴動事件。
  6・29 (~7・5)栃木県、谷中堤内残留民家屋16戸を強制破壊。
  7・29 谷中堤内地権者、東京救済会の勧告に従い土地収用補償金額裁決不服訴訟を提起。
1909 9 渡良瀬川改修案、関係4県の県会通過。
1910 5・25 大逆事件、検挙開始。6月1日、幸徳秋水逮捕、翌年死刑執行。
1911 4 谷中村民16戸137人、北海道サロマベツ原野に移住(第1次)。
1913 9・4 田中正造死去。
1917 2 谷中残留民、渡良瀬川改修工事にともなう埋立地に移転。
1937 4 北海道に移住した旧谷中村民、帰郷請願書を栃木県知事に提出。
1947 19・14 (~9・15)カスリン台風により渡良瀬川大洪水。
1956 2 足尾銅山、自溶製錬設備完成。
1958 5・30 足尾の源五郎沢堆積場決壊、水田6000haが鉱毒被害。
  8・2 群馬県の三市三郡による渡良瀬川鉱毒根絶期成同盟会(会長・恩田正一)結成。
1968 3・6 経済企画庁、渡良瀬川の流水の水質基準を銅0・06ppmと決定。
1971 12・28 群馬県毛里田地区産出米からカドミウムを検出。
1972 3・31 毛里田同盟会(3代会長・板橋明治)政府の中央公害審査会(のちに総理府公害等調整委員会に改組)に損害賠償を求める調停を申請。
1973 2・28 足尾銅山の採掘中止(閉山)。
1974 5・11 毛里田同盟会と古河、総理府公害等調整委員会による調停成立。損害賠償額15億5000万円。
1983 1・12 毛里田地区で公害防除特別土地改良事業が開始(1999年5月終了)。
1989   渡良瀬第一貯水池完成。91年4月、谷中湖周辺開放。
2011 3・11 東日本大震災直後、源五郎沢堆積場が決壊し、土砂4,000立法メートルが流出する。
2012 7・3 渡良瀬遊水池が「ラムサール条約湿地に登録」される。

最新記事

  1. 公式確認から63年目の水俣病 講師 久保田好生(「季刊・水俣支援」編集部)
  2. 【お知らせ】第20回足尾グリーンフォーラム フィールドワーク第2部 昭和の鉱毒被害地・太田市周辺を訪ねて
  3. 2019年夏期定期講座

Count per Day

  • 9今日の閲覧数:
  • 87昨日の閲覧数:
  • 576先週の閲覧数:
  • 220499総訪問者数:

田中正造大学からのお知らせ

渡良瀬川流域の情報を

 田中正造大学では「田中正造大学ニュース」を年3〜4回発行し、足尾から渡良瀬遊水池にいたる渡良瀬川流域の情報を発信しています。
 購読料は2年間で2,000円です。
 ご希望の方は事務局に連絡するか、直接郵便振込で申し込んで下さい。
 田中正造大学事務局
 〒327-0001
 栃木県佐野市小中町932(坂原辰男)

探訪モデルコース

渡良瀬川沿岸情報

足尾に緑を育てる会