田中正造大学

正造の行動の歴史と思想を学ぶ事を通して明日を展望する。

メニュー

【活動報告】第17回足尾グリーンフォーラム・フィールドワーク

第17回足尾グリーンフォーラム・フィールドワーク
第2部 紅葉の植樹地と銅山ゆかりの地を歩く
 主催=足尾に緑を育てる会
2016年10月30日(日)9:30~16:30
栃木県日光市足尾地区

掛水倶楽部で説明する山田功さん

 足尾グリーンフォーラムもフィールドワークに切り替えて2年目になります。6月に開催した「第1部 田中正造ゆかりの佐野を歩く」では渡良瀬川下流域を探訪し、今回は足尾地区のフィールドワークとなりました。ガイド役を、足尾まるごと井戸端会議代表・山田功さんにお願いし、足尾歴史館からスタートし、掛水倶楽部とその周辺、渡良瀬公園のカフェオレで昼食、龍蔵寺、足尾環境学習センター、大畑沢緑の砂防ゾーン植樹地と回りました。寒さの厳しい日で、紅葉には少し早かったのが残念でした。

役宅を見学する参加者

660階段登り口から松木を遠望する

足尾ダムで熱心に耳を傾ける人たち

大畑沢緑の砂防ゾーン駐車場で

製錬所対岸の龍蔵寺では住職が迎えてくれた

関連記事

  1. 「田中正造翁終焉の地」記念碑の除幕式が庭田家の梨販売所で催された
  2. ヨシの新芽の中を行く参加者の列