田中正造大学

正造の行動の歴史と思想を学ぶ事を通して明日を展望する。

メニュー

2018活動の記事一覧

2018活動

【お知らせ】第19回足尾グリーンフォーラム フィールドワーク第1部 昭和の鉱毒被害地・太田市周辺を訪ねて

 今年のフィールドワークは、昭和の鉱毒事件の舞台となった群馬県太田市周辺を探索します。1958年(昭和33)5月30日、足尾銅山の源五郎沢堆積場が決壊して多量の鉱毒が渡良瀬川を下り、毛里田地区の苗代田に流入しました。被害農民たちは結束して毛里田村鉱毒根絶期成同盟会を結成し、鉱毒との闘いを余儀なくされていったのです。そして1974年(昭和49)、総理府公害等調整委員会による損害賠償15億5000万円の支払いと公害防止協定の締結、汚染農地の復元等で調停が成立し、古河鉱業の加害責任が初めて認められたのです。

続きを読む

【お知らせ】「田中正造大学 2018年夏期定期講座」

国及び水資源機構は思川の上流に思川開発事業(南魔ダム)を進めているが、栃木県は、この事業で水道用水を確保し、県南の栃木市、下野市及び壬生町に供給しようとしている。この二市一町の水道は全て地下水を利用しているが、この地下水の一部(35%)を新規開発される表流水に切り替えようとしている。このため、水道の水質が低下し、水道料金の大幅な値上げとなる不利益を被ることが予想されているが、これらの情報は市民に正確に知らせることもなく事業が進められようとしている。二市一町も県の動きに理解を示すなど県に追従するような動きをしている。

続きを読む

【案内】田中正造大学…総会プラス特別企画 2018

田中正造大学、総会プラス特別企画。2018年2月11日(日)佐野市中央公民館。
総会(11:00~12:00)、2017年度 経過報告・会計報告、2018年度 活動方針・予算案・その他。
特別企画 (13:30~16:30)、林えいだい追悼企画、ドキュメンタリー映画 2016年作品 100分、「抗い(あらが) 記録作家 林えいだい」上映会。≪解説≫ 川井田博幸(プロデューサー)。

続きを読む

最新記事

  1. 2019年夏期定期講座

Count per Day

  • 291今日の閲覧数:
  • 47昨日の閲覧数:
  • 616先週の閲覧数:
  • 212566総訪問者数:

田中正造大学からのお知らせ

渡良瀬川流域の情報を

 田中正造大学では「田中正造大学ニュース」を年3〜4回発行し、足尾から渡良瀬遊水池にいたる渡良瀬川流域の情報を発信しています。
 購読料は2年間で2,000円です。
 ご希望の方は事務局に連絡するか、直接郵便振込で申し込んで下さい。
 田中正造大学事務局
 〒327-0001
 栃木県佐野市小中町932(坂原辰男)

探訪モデルコース

渡良瀬川沿岸情報

足尾に緑を育てる会